エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

エアロ中古車の買い方イロイロ

 エアロ車を今欲しいと思っている貴方は、きっと普通の人より走りに対して興味があるに違いない。なぜなら生活必要上で自動車に乗る人々は空気抵抗低減や揚力削減を始め、デザイン性にも優れるエアロパーツ装備車を欲しいなどという発想には至らないからだ。

むしろ一般の人々にとって、エアロパーツなどが装着されていたら、坂道や段差を走行する際に、エアロパーツがぶつかってしまわないかと余計な気を遣ってしまって逆に不便であるに違いない。

しかし新しく新車を購入して、それなりのエアロ車に仕立てようと思ったら纏った額のお金が必要になる。貴方が購入しようと考えている車種にも依るが少なくとも百万円以上は覚悟しなければならない。ベースとなる車を買う費用、そして車種に見合ったエアロパーツを購入する費用、さらにエアロパーツを取り付ける費用などだ。

どんなに走りに対して情熱的であったとしても、一般的な家庭環境の者であれば新たに一からエアロ車を作り上げるのは効率的とはとても言えない。だからこそ、走りを愛する者は中古車市場へと向かうのだ。

そんなエアロ車をまたは走りを愛する人々にとって中古車市場は隠された名品が幾つも揃う宝の山に見えて仕方ないだろう。

ここではその中古車を購入する方法について幾つかの方法を紹介したい。勿論これから紹介する過程で、各購入方法のデメリットやメリットも述べるが、それが全てを網羅しているわけでないことを申し添えて置く。また、ここで紹介する方法以外にもっと良い方法もあって当然であるので、数多くある中古車の購入方法の内の一部を紹介するに留まることを心に留めて頂きたい。

中古車を購入するに当たって最もポピュラーな方法は、ガリバーやカーセンサーなどの知名度の高い媒体を使用することだ。これら知名度があり、中古車業界で確固たるポジションを持っている企業を利用するメリットとしては、何より彼らが網羅するその車両の数と種類であろう。恐らく貴方が欲しいと思っている車種やもしくは、貴方が当初欲しいと思った以上のエアロ車が数えきれない程見つかるであろう。

数ある中から選べる選択肢の広さは随一であるし、何より業界で地位を保っているだけあって、スタッフのサービスや詳細説明なども信頼が置けるものであると言える。

只唯一のデメリットと言えるのが、彼等が営利を求める法人であるが故に、適正価格に幾らか上乗せされたマージンも払わなければいけないということだ。それでも、新車から購入するよりは遥かに安く上がるので、それが気にならないのであれば、最も一般的でお勧めできる方法であると言える。

中古車を購入する第二の方法として挙げられるのが、自分が仲良くなった車屋のショップに自分が欲しいと思う車を伝えて、彼等に仕入れて来て貰うと言うものだ。信頼出来るお店であればその規模の大小は問わない。

彼等は車のチューニングだけで無く中古車の販売を行う場合もある。彼等に取って販売する中古車の仕入れは、下取り価格で行えるので、貴方への販売価格はその店と交渉次第で如何にもなるところがある。

ベストは下取りの車を選定する時に貴方も同行して一緒に商品を見ることだ。下取り用の車を予め見ておけば、店が下取りした後にイメージと違うというリスクは回避される。お店が下取りを完了した後にいらないと言っても通用しない。

デメリットがあるとすれば、下取りは入札で行われる場合があるので、入札の際は注意を要することだ。入札の場合は想定よりも上にも下にも価格が振れる可能性があることと、信頼出来る店でないと思わぬ高値を吹っ掛けられるリスクがある。流石に入札の現場には参加出来ないと考えた方が良い。

第三の中古車の購入方法は、第二の方法と似ているが、貴方が信頼を置ける車友達から購入するというものだ。走りを愛するのに、車友達がいないというケースは無いといっても過言ではない。大抵の場合、供に走る仲間やチームメイトがいるはずだ。彼等が要らなくなった車を引き取るのであれば、その友人も満足だろうし価格も融通が利くはずだ。

但し、貴方の友人が要らなくなった車は貴方が欲しいと思っている車でない場合がある。

貴方が欲しいと思っている車が友人に不要になったのならこの方法はベストな選択になる。

 最後に紹介する方法は最もリスクが高いが、エアロ中古車がかなり安く手に入る可能性は高い。それはヤフーオークションを利用するというものだ。

 見ず知らずの者同士で取引を行うのでリスクも高いし、商品も実際に見ることも出来ない場合もあるが、たまに数万円代のエアロ車が出回っている場合がある。正に破格の値段と言えよう。数万円のエアロ車であれば壊れても構わないという気持ちにすらさせられる。

但し、出品者が全員善良な人間でないのは言うまでもない。騙そうと思えば、幾らでも悪さ出来る。

 さて、数ある中で貴方はどの方法を選ぶ?



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.