エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

ミライースの中古車とエアロパーツ

 車を持つ人の中には、趣味として自分なりにカスタマイズする人も多い。特に、軽自動車を持っている人の中では、カスタマイズは盛んで、軽自動車向けカスタマイズ用品の市場は緩やかではああるが広がりを見せつつある現状が、それを証明している。
ダイハツ・ミライースのような、軽自動車の中でも低価格帯に位置する車は、そのベース車両としても魅力的である。比較的ポピュラーでありながら、見た目のイメージを大きく変えることができるのが、エアロパーツ。ミライースのエアロパーツ事情は、現在、どのようになっているのだろうか?

 ミライースは2011年の登場であり、同社のミラをベースとした車である。
「第3のエコカー」がコンセプトで、低燃費低価格を売りにしており、似たような外観ながら、骨格が異なり、ミライースの方が軽量になっている。全長3395mm、全幅1475mm、全高1500mmは、軽自動車規格をいっぱいに使いながらも、立体駐車場に入ることのできる程度の高さに抑えられたもの。
エンジンは自然吸気のみ、駆動方式はFFと4WDが用意されている。形式はFFが「LA300S」、4WDが「LA310S」となっているが外観の違いはない。車両形式は、カスタマイズの際に、エアロパーツだけでなく、適合パーツを探すための重要な情報となるので、ぜひとも把握しておきたい。
また、ダイハツ・ミラシリーズでは、これ以外にも、ミラ、ミラカスタム、ミラココアなどの派生車種があるが、これらはエアロパーツに関していえば、対応が異なるので、別の項で説明したい。また、トヨタ・ピクシスエポックは、ミライースをOEM販売しているものである。
標準でエアロパーツは装備されていない。新車購入でエアロパーツを付けるのであれば、ディーラーオプションから選択することになある。用意されているのが、純正バンパー下部に取り付けるタイプのフロントロアスカート、ボディ左右のドア下部に付けるサイドストーンガード。
これらはセットでも単品でも購入可能である。他に、ミライースのような形状であれば、エアロパーツに含めてもよいと思われる、バックドアスポイラーが用意されている。新車なら、これらを装着するのがよいだろう。
メーカー純正なので、保証もあり、ボディとのフィッティングの問題もなく、空気の流れがスムーズになるという。が、今、「という」と書いた。空気の流れを改善するのがエアロパーツの売りであるが、効果が現れるのは、高速道路を制限速度いっぱいか、それ以上で走行したときに限り、日常で使うときの効果はないと考えるのがよい。あくまでもファッションであり、外観をカッコヨクするのが本来の目的である。
このような低燃費を売りにした車の場合には、エアロパーツによる空力改善よりも、それによる車重増加のデメリットの方が大きいのだ。
しかし、ディーラーオプションのフロントロアスカート、サイドストーンガード、バックドアスポイラーを装着しただけでも、路面とボディの隙間が小さい、いわゆるローフォルムを実現できるのである。書き忘れたが、ディーラーによっては、これらエアロパーツを標準装備とした特別仕様車を販売していることもあるので、問い合わせてみよう。

 さて、もっと個性的な車にしたいと思ったら、ぜひ社外品を検討したいただきたい。純正エアロパーツでも十分かっこよいが、まだおとなしいという印象は否めない。その社外品状況であるが、ミライース自体が登場して間もないという事情もあり、まだ充実しているとは言い難く、今後、各社から個性的なエアロパーツの登場を期待したいところである。
現状では、似て非なるミラ用を加工して取り付けるのが、急ぐ方には現実的選択だろう。そのためにも、軽自動車のカスタマイズ、特にエアロパーツの加工に精通したショップを探すのが第一である。独自のノウハウや技術を持っていることもある。それを期待してエアロパーツについて相談すれば、思いがけないアイデアに巡り会うこともあるだろう。

ミライースのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.