エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

ムーヴコンテカスタムの中古車とエアロパーツ

 ダイハツ・ムーヴコンテカスタムは、同社のムーヴの派生車種でありながら、全く異なる四角いデザインを採用した軽乗用車。
現在のところ、軽自動車の販売状況は堅調であり、そのために、軽自動車カスタマイズ市場は、緩やかではあるが広がりを見せている。つまり、軽自動車をカスタマイズして走らせているオーナーも増加していることになる。
エクステリアやインテリアを大きく変更している車を見かけることも珍しくはないが、外観の印象を大きく変えることができるのが、エアロパーツの取り付けである。ムーヴコンテカスタムのエアロパーツ事情は、現在、どのようになっているのだろうか。

 ダイハツ・ムーヴコンテカスタムは、ムーヴコンテを元に、外観、内装などを購入にしたもの、つまりムーヴコンテの上級車種的位置づけになる。2008年、ムーヴコンテと同時に登場した。
四角いことをセールスポイントにしたエクステリアデザインは、ローダウンやエアロパーツ取り付けで、低い忌めー二カスタマイズしても、意外によく似合う。全長3395mm、全幅1475mm、全高1640mmから1655mmは軽自動車規格を最大限に利用したもので、全長と全幅はダイハツに限らず、どのメーカーの軽自動車であってもそれほど違いはない。
エンジンは、自然吸気とターボモデルが選べるが、ターボモデルの方が車高が低くなっているところにも注意したい。ノーマルでありながら、若干のローフォルムになっているのである。形式はFFが「L575S」4WDが「L585S」となっているが、自分の車の形式は、車外人のアクセサリーや、機能的なパーツを購入したり発注する際に必要な情報となるので、一応把握しておきたい。
ともかく、ムーヴコンテには用意されていないターボ車を選べる点で、ムーヴコンテカスタムにも注目しておきたい。現在までに、外観の変更を伴うマイナーチェンジは、2011年に行われているが、フロントグリルのデザインが違うところが目立つ。エアロパーツメーカーによっては、これ以降を後期型、以前を前期型として区別しているところもある。
エアロパーツは全車標準装備。いわゆるエアロ3点セットのフロントエアロバンパー、サイドストーンガード、リアエアロスポイラーに加え、リアルーフスポイラーまでが含まれる。つまり、新車購入すれば、エアロパーツは標準で付いてくるのが、ムーヴコンテカスタム、標準型ムーヴコンテにエアロパーツを取り付けて新車購入するのであれば、こちらをお勧めしたい。
そもそも、ムーヴコンテには、純正でエアロパーツ3点セットが用意されてなく、あとは、フロントとリアのデザインが好みに合うかどうかの問題である。ついでに、先に書いたとおり、ターボ車であれば、標準装備のローダウンサスペンションにより、若干であるがローフォルムが実現できる。

 更にローフォルムを狙って個性を発揮するのであれば、サスペンション交換も効果的だが、社外品エアロパーツに交換する方法もある。製造開始が2008年と、比較的新しい車種なので、数多くの社外品エアロパーツを選べる状態になるまでは、もっと時間が必要というのが、現在の発売状況だが、いくつかのメーカーが製造販売しており、数だけならムーヴコンテ標準車よりも多い。
標準のエアロバンパーの下部に取り付けるタイプのハーフスポイラーが多い。そして、社外品のエアロパーツは、リアバンパーの造形も考えられており、後ろから見たときに、ノーマルより低く、実際の地上高を下げた製品が目立つ。ただし、低すぎるエアロパーツは、走行性能を損なうところにも注意していただきたい。
悪路や段差に極端に弱くなるのである。また、リアアンダースポイラーに関しては、マフラー交換を前提にした製品もいくつかあるので、このアタ有りがノーマルでもかっこうわるくならないかは要チェックである。
また、エアロパーツに含まれるものとしては、先のエアロパーツ3点セット以外にも、リアルーフスポイラー、ダミーエアダクト付きフェンダーなどがある。

 エアロパーツ取り付けについては、ディーラーでも受け付けてくれるところがあるが、そうでない場合、技術力とノウハウを持ったショップを探しておきたい。意外なアイデアで個性派を演出したムーヴコンテカスタムを作るところも全国にたくさんあるのだ。

ムーヴコンテカスタムのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.