エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

ゼストの中古車とエアロパーツ

 自分の車をカスタマイズし、個性を表現するオーナー層は増えつつある。軽自動車の場合、カスタマイズ用品市場が緩やかではあるが成長を見せており、これは購入費と維持費が安く納まる分、カスタマイズに費やしていると推測される。
外装だけでなく、内装にもこだわったカスタマイズも多く、ホンダ・ゼストもそのベースとして、ちょっと格好良いと感じる車を見かけることも多い。中でも、外観を大きくイメージチェンジできるのがエアロパーツ。ゼストのエアロパーツ事情は、現在どのようになっているのだろうか?

 ホンダ・ゼストは2006年に発売された。ライフと同じプラットフォームを利用して、室内高を高くし、荷物を積みやすくしたのが特徴。全長は3395mm、全幅は1475mmと軽自動車規格サイズぎりぎりに納めたもので、この寸法はホンダの軽自動車だけでなく、どこのメーカーもほぼ同一である。ただし、全高は1635mmと、背が高くなっている。現在販売されているグレードは「D」ひとつのみ。FFと4WDが選べるが、基本的にファミリーカー指向。形式はFFが「JE1」、4WDが「JE2]となるが、形式は、自動車パーツの適合や発注を調べるのに重要な情報となるので、ぜひ把握しておきたい。
過去には、ゼストスポーツという、「D」グレードよりも若い層をターゲットにした車種も製造されていたが、2008年のゼストスパーク登場により、消滅している。と、同時にゼストのエンジンは自然吸気のみとなってしまった。
なお、ゼストスパークについては、エアロパーツの適合が異なるので、別の項目で説明する。また、旧モデルとなってしまったゼストスポーツについては、こちらで触れることにする。生産されている期間が長く、過去に数回のマイナーチェンジが行われているが、主に内装とエンジンの改良で、外観上に変更はほとんど無い。
しかし、この間、特別仕様車の販売回数が多いので、限定色、新しいボディカラー、廃止されたボディカラーが多いところで、エアロパーツ購入の際に気をつけなければならない。ボディカラーによっては、塗装を前提で購入することになるのだ。

 ゼストの場合、基本的に新車状態でえあろぱーつは装着されておらず、ディーラーオプションでの扱いになる。基本的なエアロパーツ3点セット、フロント、サイド、リアの各スポイラーは用意されてないが、エアロパーツ的なものとして、ルーフスポイラー、クォーターピラーパネル、ドアアンダートリムがある。エアロパーツがないとあきらめてはいけない。
ホンダには、カスタマイズやチューニングの強い味方「無限」という系列のパーツメーカーがあり、ディーラーでも取り扱っている。ゼスト用も揃っていて、ディーラーオプションになかったフロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラーと、そしてディーラーオプションよりも目立ちそうなルーフスポイラーが用意されているので、新車装着の際には、これを相談するのもよさそうだ。
エアロパーツなしのゼストに比べて、路面とボディーの間隔が狭い、一般的に格好良いとされる車に近づくのである。新車でなくても取り付けることは可能だが、先に述べたとおり、年式によってカラーが違うこと、経年によるボディーカラーの変色などにより、再塗装は必須と考えた方がよい。

 ディーラーとの良好な関係を気づくのであれば、ここまででもよいが、更に車を個性的に決めたいという方は、社外品のエアロパーツにも注目したい。エアロパーツにより、ゼスト向け、ゼストスポーツ向け、ゼストスパーク向けがあり、適合が複雑なので、購入の前にメーカーに問い合わせたい。エアロパーツ側のわずかな加工、もしくはグリル交換程度で装着できるなら、運がよかったと思わなければならない。
こういうときに頼りになるのが、軽自動車の外装系に精通したショップである。思いがけないアイデアと、確かな技術力でカスタマイズをサポートしてくれる。

ゼストのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.