エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

ゼストスパークの中古車とエアロパーツ

 自分の車を個性的に見せるための、カスタマイズとかドレスアップは、時代とともに盛んになり、そのようなことにこだわりを見せるオーナー層が増えている。軽自動車の場合、カスタマイズ用品市場が、緩やかではあるが、成長と広がりを見せており、それにつれて個性的な車両を道路で見かけることも多くなった。
ホンダ・ゼストスパークは、ゼストを元にしているが、より若い世代向けにアレンジされた、いわゆる「かっこいい」車であるから、カスタマイズの需要もある。カスタマイズの中でも、外観のイメージを大きく変えることができるのは、やはりエアロパーツ。
ドレスアップには必須と言ってもよい。現在、ゼストスパークのエアロパーツ事情はどのようになっているのだろうか?

 ゼストスパークは、2006年より生産さていたゼストの派生車種である。ゼスト発売から若干の期間をおいて、ゼストスポーツという若い世代向けの軽自動車を販売していたのだが、2008年、ゼストスポーツを更に個性化してゼストスパークが登場した。これを境にゼストスポーツは廃止され、ゼストスパイク一本に絞られて、現在に至っている。全長は3395mm、全幅は1475mm、長さと幅は、ホンダの軽自動車だけでなく、どこのメーカーもほぼ同一である。全高は、1635mmと1660mm、これは駆動方式のFFと4WDの違いによる。形式は、FFが「JE1」、4WDが「JE2」だが、ゼストと同じである。
車両形式は、パーツの発注や、適合を調べる上で、有効かつ重要な情報となるので、ぜひとも把握しておきたい。
なお、同じ形式であるが、ゼストに関しては、エアロパーツの適合と発売状況が異なるので、別の項目で説明したい。マイナーチェンジは2度行われており、主に、エンジンの低燃費化と内装に関するもので、外装に変更はない。もっとも、ゼストスパークの登場で、ゼスト標準車とはフロント周りが大きく異なってしまい、ボンネットまで互換性がないくらいである。

 エアロパーツは上位グレードの「W」に標準装備、下位グレードの「G」にメーカーオプションで用意される。とはいえ、エアロパーツ的なものは、リアルーフの後部につく大型テールゲートスポイラー、ドアの下に付くカラードサイドシルガーニッシュだけである。
標準装備でも十分エアロパーツをまとった外観に見えるのだが、それでは物足りないという方、もっと個性的にしたいという方などもいるだろう。そのような方が第一に考えるべきは、無限製のエアロパーツである。無限といえば、ホンダ車のカスタマイズパーツ、チューニングパーツなどを多数の車種向けに製造販売しており、ホンダのディーラーでも購入できる。販売されているのが、フロントバンパー下部に取り付けるタイプの、フロントアンダースポイラー、サイドドア下に取り付けるサイドスポイラー、リアバンパー下部に取り付けるリアアンダースポイラー。
これで十分路面とボディーの隙間が小さい、ローフォルムが実現できる。ついでに、これまた格好良く見えるルーフスポイラーがあるが、「W」グレードに付けるには加工が必要そうだ。注意点は、リアアンダースポイラーについて。このエアロパーツ、かなり太めのエキゾーストパイプが似合うような形状となっているので、ノーマルマフラーだと、貧弱に見えるかも知れない。出口の光景が大きいスポーツマフラーを付けたくなるのは時間の問題と思われる。

 社外品を取り付けるのもひとつの選択肢。名の知れたメーカーなら、ディーラーでも扱っているかも知れない。ゼストのエアロパーツを発売しているメーカーは多い。
社外品であれば、いわゆるエアロパーツ3点セット、フロント、サイド、リアに加え、個性的なルーフスポイラーその他小物が揃っている。ただし、標準車、ゼストスポーツ、ゼストスパークと、対応するエアロパーツが異なるので、特に流用を考えている方は、メーカーに適合を確認しておくことが重要である。

ゼストスパークのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.