エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

デリカD5の中古車とエアロパーツ

 3列シート大型ミニバンの中で、異彩を放つモデルが、三菱デリカD5。このようなワンボックスのミニバンは、エアロパーツを装備して、個性的な車にしたいもの。そのエアロパーツ状況はどうなっているのだろうか?

 その前に、デリカD5について。かつて、デリカはパジェロベースだったので、オフロードを走破する1ボックスカーのイメージが強く、現行型はそれを引き継いでいる。
三菱製の4輪駆動車はいずれも本格的な悪路走行が可能であるので、それが固定ファンを引きつける要因となっている。形式は、2輪駆動が「CV2W」、4輪駆動が「CV5W」、排気量は2WDにのみ2リッターがあるが、他はすべて2.4リッター。
大きさは各メーカーの最上級ミニバンに匹敵するが、3リッター超の大排気量エンジンは用意されていない。外観上は、2輪駆動も4輪駆動も大きく違いはない。ただし、ローデストという外装が少々異なるグレードがあり、他社でいうところの「エアロパーツ標準装備」というのはこれを指すことになる。
しかし、デリカD5の場合、少々特殊な条件がある。

 まず、他のミニバンにはない特徴を持っている。オフロードの走破性である。デリカD5の場合、フロントバンパーの先端下部と前輪の路面設置点の角度、つまりアプローチアングルと、リアバンパーの下部と、後輪の路面位置点の角度、デパーチャーアングルの確保が重要になる。
最低地上高を低くする方向性のエアロパーツを取り付けた場合、この角度を少なくすることになるので、オフロードで力を発揮するという、この車の美点をひとつ犠牲にすることになる。だから、「地面すれすれに低く」という、一般的なミニバンと同じドレスアップは、デリカD5に関してはあまりお勧めしない。
むしろ、「リフトアップ」という車高を上げる方向でのドレスアップの方が盛んであるように思われる。

 それでも、エアロパーツの魅力は捨てがたい。車高を低く見せるというよりも、高さはそのままに、市販のエアロパーツを付けることで、個性的な車にすることができる。
現に、ローデストという三菱自動車系列のエアロパーツをディーラーで購入、取り付けが可能である。先ほど「車高を低く見せる」と書いたのだが、デリカD5に限っては、車高、アプローチアングル、デパーチャーアングルを確保しながら、専用のエアロパーツを付けることで、迫力と個性を演出したエクステリアにできる。
むろん、通常いわれるフロント、サイド、リアのエアロパーツ3点セットも発売されている。

 デリカD5の場合は、他の車種と異なり、本格的なオフロードを走破するようなイメージが似合い、ドレスアップにもその傾向が反映されている。つまり、フロントにはアンダースポイラーの代わりに、グリルガードに見えるようなバンパーエアロ、サイドステップは、空力的な効果よりも、車体下部への飛び石を保護するもの、リアバンパーも同様にボディの保護が目的になる。
また、エアロパーツと意味合いは違うが、社外品のオーバーフェンダーもあり、より、オフロードに適したタイヤを装着することと、サイドから見たときの迫力を強調することができる。しかし、よく見てみれば、デリカD5の正面デザインは、ちょっとパジェロのイメージを彷彿とさせ、色の違うグリルガード風のバンパーは、本来オフローダーであることの生い立ちを表現しているではないか。
エアロパーツ、特にバンパー交換型は、そのゴツさを嫌い、すっきりしたフロントマスクを表現するのに有効なのである。

 話をエアロパーツに戻すと、ラリー仕様にカスタマイズするのもよい。車高を上げるのである。
フロントには、更に補助等を追加できそうなバンパーを。サイドとリアには、人が踏んでも壊れないくらいの本格的なサイドステップを取り付けるのである。マッドガードも効果的。デリカD5は、他社ミニバンとは購買層と方向性が異なる。オフローダーらしく、ワイルドなドレスアップが似合うのだ。

デリカD5のエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.