エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

eKスポーツの中古車とエアロパーツ

 軽自動車のカスタマイズ市場は、緩やかだが広がりを見せており、購入価格や維持費の安い分、個性を出すとこにお金をかけるオーナーも多く、実際、数多くのカスタマイズカーを見かけることができる。
三菱eKスポーツも、その中の1台で、カスタマイズのベース車としての支持増がある。外観で個性を出すのであれば、まず考えておきたいのがエアロパーツの装着。eKスポーツのエアロパーツ事情は、現在、どのようになっているのだろうか?

 現行の三菱eKスポーツは、2006年にフルモデルチェンジが行われた2代目。三菱には、eKワゴンという車種があり、eKスポーツはその派生車種となるが、エアロパーツの装着という観点で考えると、両者には大きな違いがある。
よって、eKワゴンは別の項目で説明する。車体のサイズは、軽自動車枠をいっぱいに使ったもので、全長3395mm、全幅1475mm、全高1550から1570mmで、メーカーは立体駐車場に入ることを考慮した高さとアピールしているが、全高1570mmのグレードは少々厳しそうだ。
とはいえ、軽自動車であれば、どこのメーカーでも全長と全幅にほとんど違いはない。eKスポーツは、eKワゴンのスポーツグレードかつ高級版とでもいった方がよい。事実、eKスポーツにも、eKワゴン同様に、肥大側後席スライドドアのグレードが存在する。
形式もeKワゴン同様「H82W」であり、駆動方式には、FF、4WDと、エンジンには自然吸気とターボ付きがある。形式は、特に社外品のアクセサリを装着するときの車種指定に必要となるので、記憶にとどめておいた方がよい。記憶に無ければ、車検証に記載されている。

 製造時期が長いので、マイナーチェンジは過去、数回にわたって行われている。
エンジン、トランスミッションの改良が主だが、フロントのデザイン、グリル周りにも変化が見られる。外観的には、2008年のマイナーチェンジを境に、前期型と後期型を区別するパーツメーカーもある。そのエアロパーツだが、フロントエアロバンパー、サイドアンダースポイラー、リアエアロバンパーが全車標準装備。
これを新車購入でそのまま乗れば、エアロパーツについては、基本的に解決する。また、エアロパーツが付いていることで、地面とボディーの間隔が狭くなり、エアロパーツのないeKワゴンよりもいくらか高級に見えることも否めない。ついでに、このクラスの車であれば、エアロパーツのひとつに含めてよいと思われる、リアルーフスポイラーもついている。
なので、メーカーオプション、ディーラーオプションどちらを見ても、外装関係ではフォグランプとグリルしか見当たらない。つまり、新車のeKワゴンにエアロパーツを装備するならば、eKスポーツを購入した方が後々得で楽である、というラインナップなのである。

 標準のエアロパーツでは飽き足らないという人に対しては、まず、eKスポーツの特別仕様車、ロア・コンプリートというグレードを選択するのがひとつ。eKスポーツと同じような価格でありながら、更に精悍なエアロパーツが付いてくる。
新車購入であれば、タイヤのインチアップをすることで、かなりカッコイイeKスポーツになる。もうひとつは、社外品エアロパーツを選択すること。eKスポーツが前述の通り、エアロパーツ付きなので、更に低く見えるように、エアロパーツを取り付けるのである。
通常、エアロパーツはフロント、サイド、リアの3点セットで製造されている。むろん、別々に購入することもできる。予算が限られているのであれば、フロントバンパーを交換するだけでも大きくイメージは変わるが、エアロパーツは同じメーカーで揃える方が、ボディ全体の統一感が出る。
フロントバンパー交換ではなく、純正のフロントバンパー下部に取り付けるリップスポイラーもあり、バンパー交換よりも手軽で、価格も安い。注意点としては、悪路や段差のある道路を走る機会の多い型は、最低地上高の低くなるエアロパーツは避けた方がよいこと。
市街地でも段差は意外と多いもの。大切なエアロパーツに傷を付けることがあるので、気をつけたいところである。

eKスポーツのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.