エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

エブリィワゴンの中古車とエアロパーツ

 スズキ・エブリィは、1ボックスサイズの軽自動車。軽自動車のカスタマイズ市場は広がりを見せて、本体価格の安さがそれを支えているのだろう、エクステリア、インテリアなどにこだわりを見せた車を見ることも珍しくはない。
その中で、1ボックスのスズキ・エブリィもカスタマイズベースとして人気がある。このような四角い車だからこそ、エアロパーツなどの外装のドレスアップが有効であることは、登録車の1ボックスミニバンのカスタマイズが盛んなところからも明白である。
実は、エブリィには、元の車のイメージを覆すほど手間をかけたドレスアップも存在するのだが、入りやすく、個性を引き立てやすいのは、やはりエアロパーツということになるだろう。

 現在のスズキ・エブリィは5代目で、2005年にフルモデルチェンジを行って以降、製造販売されている。バンとワゴンが存在するが、ここでは主にワゴンを採り上げることにする。
バンへのエアロパーツ取り付けを否定しているわけではないが、基本的にはワゴンと同じ方法が使える。全長は3395mm、全幅は1475mm、全高は1795mmから1880mmまで数種類と、軽自動車の枠いっぱいのサイズとなっている。
ホイールベースの2400mmという値は、同社のワゴンRと同じである。形式は、ワゴンが「DA64W」、バンが「DA64V」。DA46系という呼び方は、カスタマイズ用のパーツなどを選ぶ際、必要な情報となるので把握しておきたい。
ワゴンとバンの最大の違いは、登録される際のナンバーで、前者が5ナンバー、後者は4ナンバーとなる。バリエーションは、ワゴンよりもバンの方が充実していて、ハイルーフもFRも4WDも、さらにはターボ車も選ぶことができる。
ワゴンの方も充実していないわけではなく、駆動方式にFRと4WD、ただし、トランスミッションは4速ATのみ、エンジンはターボ車のみとなっている。製造期間が長いために、過去には数回のマイナーチェンジや仕様変更が行われている。また、この車の用途上、特別仕様車というものもある。ちなみに、マツダ・スクラムは、バンとワゴンがスズキ・エブリィ、トラックはスズキ・キャリィのOEMである。

 そのエアロパーツ状況であるが、廉価版となるJPターボというグレードを除いて、フロントエアロバンパー、サイドアンダースポイラー、リアエアロバンパーといった、いわゆるエアロパーツ3点セットに加え、リアルーフスポイラーまで標準装備となっている。
新車の状態でエアロパーツを付けたものが欲しいのであれば、上級グレードを選択するのが賢明だ。その状態でもエアロパーツを付けた車の上級感は感じされる。ただし、自室的なメリット、高速道路での安定性や、燃費向上は期待しない方がよい。
あくまでも見た目のイメージを変えるのがエアロパーツである。しかし、標準エアロではいまいち迫力がなく、個性に乏しいと思われる方もいるだろう。そういう場合には、社外品絵アリパーツを取り付けるためのベース車と割り切り、もっとも下のグレード、JPターボを選択する方法もある。
装備の違いは、エアロパーツとアルミホイールの有無だけなので、後からのカスタマイズも難しくない。

 ならば、社外品エアロパーツの流通状況はどうだろうか? モデルチェンジまでの期間が長いので、DA64系エブリィ向けのエアロパーツは数多くのメーカーから発売されている。ついでに書くなら、製品によってはバンにも使うことができる。
エブリィ用エアロパーツは、有名無名を問わず多くのメーカーから発売されているが、特にフロントとリアは、低すぎたり長すぎたりのパーツを付けると、走行性の悪化につながってしまうので注意が必要である。
それさえ注意すれば、個性的なエアロパーツをカタログなどから探す事ができる。冒頭に書いたとおり、1ボックスにエアロパーツは、意外と似合うのである。ハイルーフであればいっそう個性を演出できるだろう。
また、エブリィの場合、エアロパーツの取り付けにとどまらず、様々なカスタマイズが行われているので、その辺に精通したショップを探しておくことが、後々満足する外装を手に入れる秘訣でもある。

エブリィワゴンのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.