エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

パレットSWの中古車とエアロパーツ

 スズキ・パレットは広い室内空間、車高の高さ、使いやすいスライドドアを採用した軽自動車。そのうち、外装を変更し、装備を充実させたものがパレットSWである。今や、軽自動車のカスタマイズは盛んで、内装、外装とも、個性的な車にしているオーナーは大勢いる。
それらカスタマイズの中で、外観を大きく変化させ、個性的なイメージにするのはエアロパーツ。現在、パレットSWのエアロパーツ事情は、どのようになっているのだろうか?

 スズキ・パレットSWはパレットの派生系のようなもので、パレットをベースに海岸や内装に高級感を出したもの、パレットの広い室内や、扱いやすいスライドドアを備えながら、スポーティーなところも演出している。
パレットSWの元になったパレットに関しては、エアロパーツに関する装備が異なるので、別の項目で説明したい。登場は2009年、パレットのスポーティ系グレードを発展させたもので、それ以降、パレット共々マイナーチェンジが行われているが、外装、特にエアロパーツの選択に影響が出るところの変更点はなく、エンジン、変速機周り、そして内装のアップグレードがメインになっている。
形式は、エンジンでターボと自然吸気、駆動方式でFFと4WDのバリエーションがあるが、すべて「MK21S」、パレットと同じであり、外寸も軽自動車枠をいっぱいに使った、全長3395mm、全幅1475mm、全高は1735mmから1745mmもパレットと同じ、そして、OEM先の日産で販売しているルークスとも同一である。
パレットでは、ディーラーオプションとして別売りになっているエアロパーツは全車標準装備で、フロントエアロバンパー、サイドアンダースポイラー、リアエアロバンパー、ルーフスポイラーが付いている。ただし、ディーラーオプションが用意されていないかといえばそうでもなく、パレットSW向けに、スズキスポーツからフロントバンパー、リアバンパー、フロントセンタースポイラーが発売されていて、ディーラーで取り付けることができる。
新車購入する際には、検討しておきたいところである。

 基本的に、エアロパーツが全車標準装備なので、あえて社外品を選ぶ必要もなく、そのまま乗る方が、下取り査定的には有利になるが、それでも、よりいっそうの個性を強調したい方もいる。
そんな方向けに、標準装備のエアロパーツに付け加えるものと、それを交換して全く新しいエアロパーツを付けるもの、両方が市販されている。前者のタイプは、たとえば、フロントやリアであれば、標準エアロバンパーの下部に取り付ける、フロントリップスポイラーやリアアンダースポイラー。
このタイプであれば、外観をより低い印象にできるだけでなく、標準装備のパーツをすべて使うことができるので、お値段の点でも安く収まる。後者の場合には、フロントバンパー、リアバンパー、時にはサイドアンダースポイラーまで一式交換になることもあるので、パーツが大きくなり、点数が増え、結果、高価なものになる。
また、製品によっては、純正フォグランプを使うことができないことがある、更に、フロントの場合には、バンパーだけではなく、グリルまで交換しなければならなくなることもある。外観は大きく変わるが、高価な分、あらかじめ慎重に考え、納得してから購入することをお勧めする。

 変わったエアロパーツとしては、ボンネット後部、ワイパーの直前に付けるタイプのボンネットガーニッシュや、リアウインドウのすぐ下に付けるタイプのリアスポイラーなどがある。外観はかなり変わるが、走行中に直接風を受ける部分なので、取り付ける際には、十分な強度があるかどうかを確認すること。
そして、エアロパーツによって、車の寸法が変わってしまうと、車検に通らなくなることもある。
雑誌広告で見かけないくらいの無名なメーカーが、仮に安くて質の悪いパーツなどを作ってしまうと、取り付けに苦労するだけでなく、車検対応も問題になるので、この手のパーツを使う場合には、知識を付け、親しいショップを探すことが第一になる。

パレットSWのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.