エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

ワゴンRの中古車とエアロパーツ

 軽自動車のカスタマイズ市場は、緩やかではあるが拡大する傾向にある。つまり、軽自動車に更に手を加えて乗る人が増えていることとなり、様々なアフターパーツが販売されている。
購入費用と維持費が安い分、カスタマイズにお金をかける層が増えたと思ってよい。今や軽自動車の代表格ともいうべきスズキ・ワゴンRに対しても、外装、内装など数多くのパーツをカーショップなどで見ることができる。その中でも外観の印象を大きく変えることができるのはエアロパーツ。
ワゴンRのエアロパーツ事情は、現在どのようになっているのだろうか?

 現行のワゴンRは初代から数えて4代目、2008年にフルモデルチェンジされたものである。それ以降も好調な販売成績は変わらず、販売台数が多いことから、数多くのパーツ、もちろんその中にはエアロパーツも含まれるが、それらが発売されている。
車高を高くとり、室内空間を広くした軽自動車のハシリでもある。サイズは軽自動車規格をいっぱいに使った、全長3395mm、全幅1475mm、全高1660mm。駆動方式にFFと4WD、エンジンに自然吸気とターボが用意されているが、形式は全車「MH23S」となっている。
形式はエアロパーツを購入する際の重要な情報となるので、ぜひとも把握しておきたい。
ちなみに、ワゴンRの派生車種として、「ワゴンRスティングレー」があるのだが、エアロパーツの普及度という観点から見た場合、異なる車種として考える方がよいので、別項目で説明する。マツダ・AZワゴンは、ワゴンRをOEMとして供給しているものである。
発売期間が長いため、ボディーカラーの変更や廃止、トランスミッションの改良、燃費改善などの改良が続けられ、マイナーチェンジや特別仕様車の登場も多い。現在のところ、エアロパーツの選択に影響するような外観の変更は行われていない。

 現在、ワゴンRのグレード構成はふたつ。「FX」「FXリミテッド」となっており、それぞれにアイドリングストップ機能の有無が用意されているので、合計4種類のバリエーションとなっている。
その中で「FXリミテッド」には、いわゆるエアロパーツ3点セット、フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラー、リアアンダースポイラーに加え、これもエアロパーツに含めて語ってよいと思われるリアルーフスポイラーが標準装備されている。なので、新車でエアロパーツ付きを購入するのであれば、まずは、このグレードを検討したい。
そして、本稿執筆時点では、「LimitedII」という特別仕様車がカタログに掲載されており、これも、エアロパーツが一通り装備されているので、こちらを選択する方法もあるだろう。限定カラーもある。新車購入なら、エアロパーツ付きのグレード、限定車を選択するのがもっとも堅実である。新車でエアロパーツ標準装備車が選択できるということで、ディーラーオプションでのエアロパーツ販売はそれほど多くはない。

 MH23型ワゴンRは、過去に、グレードの統合、新グレードの設定などが頻繁に行われているため、現在は存在しないグレードが年式によってはある。また、MH21型以前の旧モデルにも、後からエアロパーツを付けたいと考える方もいるだろう。
販売台数が多いだけあって、ワゴンRの社外品エアロパーツは、それら旧型も含め、豊富に揃っている。それら社外品を利用して、大きくイメージを変えることも考えてよい。フロントの場合、単に車体と路面の隙間を狭く、低く見せるだけなら、純正バンパーに取り付けるタイプのリップスポイラーを、更に外観を大きく変えるのであれば、一体型エアロバンパーに交換し、フロントグリルの変更も行うことができる。
また、純正には用意されていないボンネットスポイラーやリアウイングも発売されているため、イメージを大きく変えたいのであれば、検討しておこう。その際には、取り付け強度に注意すること。
走行中の空気を受け止める部分なので、両面テープだけでは心許ないからである。このように、ワゴンRのアフターパーツは豊富なので、カスタマイズ前提で、中古のワゴンRを選択しても、後悔することはないだろう。

ワゴンRのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.