エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

ノアの中古車とエアロパーツ

 5ナンバーサイズ3列シートのミニバン市場は、自動車販売の中でも激戦区となっていて、各メーカーとも、力の入った車種を展開している。その中でもノアと、その姉妹車であるヴォクシーも販売台数が伸びており、道路を走っていても、すれ違う台数が多いように思われる。このように数多く販売されている車種については、カスタマイズの例も多く、エアロパーツについても、数多くのメーカーから、控えめなものから、個性的なものまで発売されている。その中でノアのエアロパーツはどのような状況になっているのだろうか?

 現行型ノアは、「70系」といわれ、形式はZZR70。姉妹車であるヴォクシーも同じ形式なのだが、こちらがドライバーを格好良く乗せようというイメージがあるのに対して、ノアはそれよりも家族で移動するイメージを前面に出している。ノアとヴォクシー、両方のCMを見れば、一目瞭然である。バリエーションには、全幅1720mmの「S」「Si」というグレードと、それ以外の全幅1695mmの標準車があるが、「S」「Si」グレードには専用エアロパーツが標準装備されている。
2010年4月マイナーチェンジが行われており、これを境に前期型と後期型にわけられる。もっとも大きな変更点はエンジンとトランスミッションだが、グリルやヘッドライト周りの意匠も変わっている。

 ノーマルのノアを見て、自動車カスタマイズ雑誌を見たら、自分のノアもローフォルムにしたくなるのが心情ではないだろうか? エアロパーツはそのような方々に、是非とも検討していただきたいドレスアップパーツなのである。新車購入を考えているのであれば、ディーラーで納車前に取り付けてもらうことも可能である。現在、ノアに乗っている方であっても、あとから取り付けることだって、もちろんできる。エアロパーツの基本は、フロント、サイド、リアの3点セット。
そこに、ルーフスポイラーをはじめ、更に多くのパーツを含めるメーカーもある。フロントは、バンパーの下に取り付けるスポイラーから、グリルまで交換するものまで各種ある。サイドは、ドアの下に取り付けるスポイラーが多く、メーカーによって微妙にデザインが異なる。リアはバンパー下に付けるスポイラー、もしくはバンパーごと交換するもののいずれかである。

 これらは、大きいものほど値段が高いというのが基本。さらに、塗装と取り付けの工賃もあらかじめ考えておかなければならない。カーショップで売られている関すプレーの塗料で塗装しようと思ったら、よほどの力がないと成功しないし、仕上がりも粗いものとなる。プロの機材と腕に任せるのが賢明である。ちゃんとした塗装工場なら、車体とのマッチングまで考えて取り付けてくれる。

 このように、多様なバリエーション、ここでは触れなかったが60系以前になれば相当な種類にのぼると思われるエアロパーツ、現行型であれば、前期と後期、5ナンバーか3ナンバーかによって、専用のものが用意されている。特にフロントマスクには、前期型、後期型の区別があるかよくチェックしておこう。
また、フロント以外、特に小物のエアロパーツについては、ヴォクシー用もチェックしておくと、案外使えるものが見つかったりして、個性的な車にするにはよい。なお、念のために書いておくならば、標準車にSグレード用のエアロパーツを取り付けてはいけない。全幅が違うため、車検に通らなくなってしまう恐れがあるからだ。念には念を入れて書くならば、エアロパーツを付けても、メーカーのカタログ写真ほどのローフォルムは得られない。あれは、サスペンションを交換するなど、車高を下げる加工を行っているのが多いので、カタログのイメージを想像してはいけないのだ。

 最後に、ノアでは、G'sスポーツコンバージョンシリーズという、カスタマイズモデルを、ディーラーで購入することができる。
これを選択すれば、専用エアロパーツだけでなく、ローダウンサスペンションも装備されているので、更に精悍なエクステリアになっているのだ。エアロパーツは付けたいけれど、下取り価格が気になるという方には、ちょっと検討していただきたい情報である。

ノアのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.