エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

ピクシススペースの中古車とエアロパーツ

 現在、軽自動車のカスタマイズ市場は緩やかではあるが広がりつつある。自動車の販売は伸び悩んでいるというが、軽自動車市場に限れば堅調で、購入や維持にかかる不要が安いところから、利用者が増えている。
その中には、個性を追求してカスタマイズを行うオーナーも多数おり、外観が普通の車とは少々異なる雰囲気の車を見かけることも珍しくなくなっている。軽自動車は、カスタマイズのベースとされることも多く、トヨタ・ピクシススペースも今後、様々なカスタマイズを施されたモデルを見ることが増えるだろう。比較的導入が容易ながら、外観の印象を変えるところで効果的なのは、やっぱりエアロパーツ。
ピクシススペースのエアロパーツ事情は、現在どのようになっているのだろうか?  トヨタ・ピクシススペースは2011年に登場した。元はダイハツ・ムーヴコンテで、この車をトヨタはOEMとして販売している。OEM車では元の車と外観が、車種によってはボンネットまで変わることがあるが、ピクシススペースの場合には、フロントグリルとエンブレムが異なる程度で、オリジナルとの違いはきわめて少ない。
もちろん、全長3395mm、全幅1475mm、全高1640mm~1665mmという寸法も、ムーヴコンテと同一である。形式は「L575A」で、FFと4WDを選ぶことができるが、これもムーヴコンテと同じで、互換性のあるパーツも多い。
自分の車の形式は、エアロパーツだけでなく、パーツの発注などに必要となる情報なので、ぜひ把握しておきたい。なお、ピクシススペースには「カスタム」という外観が少々異なるグレードがあるのだが、こちらはベースがムーヴコンテカスタムとなっているため、エアロパーツの装着状況が異なる。したがって、これについては別の項目で説明する。  標準グレードは、エアロパーツを装着しない状態での販売となる。実は、ピクシススペースのように四角い車には、エアロパーツを装着し、路面とボディーが近い、いわゆるローフォルムが意外と似合うのである。まず、純正品はディーラーオプションとして用意されているが、エアロパーツ関連はリアルーフスポイラーのみであり、いわゆるエアロパーツ3点セット、フロント、サイド、リア周りのパーツはない。
エアロパーツ標準装備のグレードを選ぶなら、ピクシススペースカスタムを勧められるのだろう。ディーラーオプションでのエアロパーツの充実状況も、ムーヴコンテと同じである。  エアロパーツ装備によって、多少なりとも低いイメージを出したいのであれば、社外品を選ぶことになる。市販エアロパーツの充実度は、軽自動車としては高くないが、発売から日が浅いのでやむを得ないところはある。エアロパーツが数多く市販されるまでは、販売台数が多い車種であっても4~5年はかかるのである。
OEM元のムーヴコンテも2008年発売開始であるから、エアロパーツが充実するまでには、もうしばらく時間がかかるだろう。当面は、ムーヴコンテ用エアロパーツを流用することになる。フロント以外であれば、ムーヴコンテカスタムのパーツを流用することも考えられる。
メーカーによっては、どちらでも対応するものもあるので、取り付けの際には確認していただきたい。この場合、トヨタとダイハツで、ボディーカラーが異なるので、再塗装は必須。多少値段はかかっても、専用の業者に依頼する方が、仕上がり、耐久性ともに勝るので、取り付けてからの満足度は高くなるだろう。DIYに挑戦することが悪いわけではないが、プロとは腕も設備も違うのだ。
そして、ピクシススペースにムーヴコンテ用エアロパーツを流用する場合、ディーラーに対しては、社外品持ち込みの扱いになるので、店舗によっては対応していないことがある。ピクシススペースのように比較的名前が知れていない車種をカスタマイズする際には、軽自動車のエアロパーツに通じたショップを探す事が第一である。技術力やアイデアを持ち、カスタマイズについて相談できるシュッ婦二巡り会えることが、後々の満足度につながるのである。

ピクシススペースのエアロパーツ



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.