エアロな中古車.com

人気のドレスアップ手法でもあるエアロパーツを装着した車は、新車時から装備されているグレードも多く中古車市場においても人気が高い。そのエアロ中古車に関する情報や全国の販売店の在庫情報などを掲載しています。

エアロな中古車.com

エアロ車入門は中古車屋で

 エアロパーツとは空気抵抗や揚力の低減や削減、またはエンジンブレーキの冷却効果を増大させるために車体外部に取り付ける部品のことだ。またそれだけで無くデザイン性を重視し、取り付ける場合もある。

 しかしながら、通常運転する場合はこれらの部品を購入する必要は無い。何故ならば、一般車道で許容されている速度では空気抵抗や揚力など気にする必要も無いし、高速道路を運転するのであれば、セダンクラスの車両を購入すれば最近のハイスペックな車はある程度の高速安定性は保証されているからだ。

 ではどういう人々がエアロ車を求めるのか。

答は至って簡単である。走り屋やドリフト族など走りを追求する人々だ。

 前述した様に彼等は高速安定性を追求するだけでなく、当然デザイン性も重視している。よりデザインは個性的に、よりハイパフォーマンスな車両を求めるその姿勢はアマ、プロ関係なくストイックであると言える。

 そう言った人々に人気のある車種がある。代表的なのはトヨタのチェイサー、マークⅡ、クレスタ、日産スカイラインGTR、180、

スバルインプレッサ、マツダRX7など錚々たる顔ぶれである。それらの車種に彼等は、エアロパーツを取り付け独自の改造を施す。

 元々性能の良い車種に行う当カスタマイズは人によって千差万別だ。例えば、エンジンを載せ換えたり、新たにエアロパーツを付け加えたり、マフラーを切ったり、インテリアを個性的に演出したり、後部座席を取り外したりと兎に角様々な改造を施す。

 彼らにとって、スリリングな走りそのもの自体が楽しいのは明白なのだが、自分なりに愛車に手を加えていき、走り性能が向上されていく、または世界で唯一つの自分だけの車を創り上げていくその過程は、きっと至上の喜びであるに違いない。それがマニアックな世界と言うものだ。

 しかし車という趣味はお金がかかる。車にハマるのが既に自分の収入源をしっかり確保している四十代のチョイ悪オヤジとか、株で大金を動かすデイトレーダー、もしくはベンチャー企業を設立した経営者等であれば何の問題も無い。むしろ経済の為にどんどんお金を使って欲しい位である。

 だが車にハマる大半の人々が早くて免許が取れる高校を卒業したての大学生かもしくは、二十代前半である場合が多いのだ。もしも、実家がお金を湯水のように使えるお金持ちの家庭であれば、何の不自由もなく趣味に没頭できる。だけれども大半がそうでは無く地道にバイトをするしかないのだ。

 例えば免許を取って自分の愛車を持つにはまずは手始めに、ベースとなる車を購入しなければならない。車を購入したら取りあえず形から入るとして、次はエアロパーツを購入しなくてはならないだろう。そして、それを取り付けるのには専門の車屋に頼まなくてはいけない。ここまでの過程で下手すると百万を優に超える金額になっているはずだ。

またさらに改造を加えるために一つ自分の欲しいパーツを購入してそれを取り付けるだけで数十万かかる場合もある。燃料代も勿論かかる。ドリフトや高速で運転をして事故を起こして車両を破損させてしまえば修理費もかかる。ドリフトでタイヤが擦り減ってしまったのなら換えなくてはならない。一晩埠頭などでドリフトを行えば、そのタイヤは大体オジャンになる。エアロパーツも割れてしまったのならば取り換えなくてはならない。

車を趣味とするのならお金は幾らあっても足りない位なのだ。

そんな車を趣味とする若者達にお勧めなのが中古車だ。何も走りを趣味とする人々が、新車を持つ必要は無い。一般の人よりも車の使用用途が荒くなるのだから、寧ろ新車より中古車の方が、都合が良いかも知れない。

だがそれは中古車を勧める本懐では無い。

中古車市場は走りを愛する人々にとって正に宝物庫と言える。

何故なら、クールなエアロパーツや馬力のあるエンジンを始め、これでもかという位にカスタマイズされた車達がいくつも出回っているからだ。しかもそれがお手頃価格で手に入る。

わざわざ新車を購入して、一個一個改造を重ねていく必要はどこにも無い。元からある程度、改造されている車を購入してしまえば良いのである。そうすると改造の手間も省けるし何より金額的な負担に大きな差が出る。下手をしたら百万単位のメリットが出るかも知れないのである。

そして愛車を乗りまわした後は、新しく車を趣味として始めようと思っている友人か、もしくは中古車屋に売ろう。貴方達が独自にカスタマイズしたそのエアロやスペックを欲しいと思う人々は貴方が思うよりも沢山いるはずだ。どんなに高いと思う値段でも大抵の場合は最初から改造を施すより安くなるはずである。

 そして貴方がカスタマイズして乗り回したエアロ車を売ったのであれば、それを元手に次のエアロ車を買ってまた独自の改造を施すのも良い。

 そうやって車を趣味とする若い走り屋達の資金繰りは上手く成り立っていくのである。

知っておきたいエアロパーツの話

エアロ車の宝の山とも言える中古車市場。その中古車の購入方法も色々だ。魅力的な価格の裏にはリスクも隠れている。そんな数ある中古車購入方法のメリットやデメリットに触れながら、それらの幾つかをここで紹介する。

エアロ中古車の買い方イロイロ

エアロ車の宝の山とも言える中古車市場。その中古車の購入方法も色々だ。魅力的な価格の裏にはリスクも隠れている。そんな数ある中古車購入方法のメリットやデメリットに触れながら、それらの幾つかをここで紹介する。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.